子どもと大人の狭間に掛かる高校生。
大学に行きたいとしていても、意欲が膨らまず、スゴイ勉強に身が入っていないお子さんもいらっしゃるかと思います。

テレビの前に居座って延々と過ごしていたり、スマホやゲームにたまたま夢中になってある…といった姿に、「勉強はどうしたの?いい加減にしなさい!」「このままだと、浪人するわよ!」と、なんとなく声を荒げてしまうケースもしばしば聞かれます。

断然、こうしたコールはテスト前になると顕著だ。
心配しているからこそ、わが子が悔いなく大学受験にかけてほしいからこそ出てしまう言葉でもありますが、大学受験をする時期というのは、大人の道を歩き始める年齢でもあります。
「高校生なのだから、親があれやこれやと叱ってしまうのも…」
と耐える両親も多いものです。

そこで、ここでは子供と大人の狭間に要る、大学受験を控えている高校生の叱り方について、考えていきたいと思います。

●叱ったとしても、根本的な解決にはならない●
基本的に、中心においては、仮に「勉強をしなさい!」と喝を入れたとしても、高校生には効果を発揮する事は難しいです。

小学生や中学生といった年齢であれば、こういう言葉で勉強に取り組む事はあります。
ですが、これは勉強をする必要があるからと思って、向かってある訳ではありません。
『両親に叱られるのが恐ろしい』
こういう理由からです。

とすると、高校生の発達を見てみましょう。
冒頭も解説した通り、この時期は子供と大人の狭間におる段階だ。

個人単独の人間として自立を通じて要る段階だ。そして、体つきも広く成長しています。
この時期に、上記の『両親に叱られるのが恐い』ので、勉強に通うでしょうか?

答えは否だ。
中にはいるかと思いますが、高校生の年齢でこわいから勉強する、ので向かってあるお子さんがいらっしゃるのであれば、それはそれで問題があります。

ですが、ほとんど『勉強をしなさい』ときつく言われて、渋々ながらも机にかけていらっしゃるというお子さんの多くの理由は、『親がうるさいから』だ。
おんなじセリフを何度も言われれば、その場面を回避したいと思い、机に向かうでしょう。
ですが、机にかけて要るだけで、正に勉強をしていますか?http://角質ケア.xyz/